3つの最高の音楽パフォーマンス

3つの最高の音楽パフォーマンス

音楽について いくつかの音楽の文脈では、効率や構造さえも実際にはいくらか即興で作られているかもしれません。たとえば、ヒンドゥスターニーの交響曲では、エンターテイナーは、特定のテーマを利用するだけでなく、部分的に指定されたフレームワークに準拠しながら、自動的に参加します。モーダルジャズでは、エンターテイナーは、変化する詳細のコレクションについて話し合いながら、変身を目立たせたり、反応させたりすることがあります。完全にフリージャズの状況では、確かに実際にはフレームワークがまったくない可能性があり、各エンターテイナーは彼らの識別力で行動します。曲は、実際には意図的に作成されてパフォーマンスが低下したり、多数の効率性からデジタル的に凝集したりする場合があります。曲は実際にはコミュニティや個人の場所に参加しており、お祝い、シェイクショー、オーケストラの効率などの機会にハイライトされ、評価のコンポーネントとして、あるいは映画のサウンドトラックとしても聴かれます。 、オペラ、さらにはコンピュータのgawme。音楽の再生は、実際にはMP3ゲーマー、さらにはCDゲーマーの主な仕事であり、携帯電話や放送の世界的なインクルードでもあります。 まさにこれが実際に最高の音楽パフォーマンスである理由 1.毎日電話してください BrownishとWizKidは、以前は2つの曲で共同作業を行っていました。2016年にリリースされた曲「Shabba」のリミックスには、R&BボーカリストのTrey Songz、ラッパーのFrench Montana、WizKidに含まれる孤独な「AfricanPoorGyal」も含まれます。 2017cdノイズは他のさまざまなエッジから発生します。 2021年11月、ブラウニッシュはウィズキッドの「Created in Lagos trip」のルックを作成し、グレーターロンドンで彼の曲「GoInsane」を実行しました。 2022年6月、放送中の多数の巨大な幼い子供との会議を通じて、ブラウニッシュは、彼とWizKidが、以前は互いに異なるワークショップでの治療を行っていた、歌を超えた長年の関係について話し合っていると述べました。彼は彼らが「楽しい曲」を演奏することになったように見えたが、「Contact Me Every Time」とともに、ナイジェリアのミュージシャンと一緒に「本物のドキュメント」を作成するという彼の願いを実現した。 2. 7500 OBO … Read More

素晴らしい日本

素晴らしい日本

日本周辺 日本は実は素晴らしいエネルギーであり、統一国(1956年以降)、OECD、G20、そしてチーム7で構成される、さまざまな世界的な企業の参加者でもあります。自己防衛を維持する世界で最も偉大な軍隊の1つとしてその場所を必要とします。グローブバトルIIの後、日本は金融の驚異で文書開発に熟練し、1972年まで地球上で2番目に大きな経済情勢になりましたが、1995年はまさにシェッドイヤーと呼ばれるものであったため、実際には停滞しています。 2021年以来、こ の 国 の 経 済 情 勢 は 実 際 に は G D P で3番目 に … Read More